ペナントレース再開。好調継続

拝啓 小林様

交流戦もあっという間に終了し、ビシエドが戻ることなく、ペナントレースが再開されました。東京ドームで勝ちがない状況での3連戦。開幕3連敗のお返しをしたいところです。

さて第1戦。先発バルデスは自分の持ち球を左右、高低をフルに生かし、淡々と投げ込んでいく投球に、ジャイアンツ打線は全く手が出ませんでした。福田が叩き出した1点を最後は岩瀬が守るという、黄金時代のドラゴンズを思わせる内容でジャイアンツをシャットアウト。いい感じで滑り出した。

2戦目の小笠原は、自分でも言う通り前回の西武戦で菊池と投げ合い、何かを掴んだのだろう。球にスピード以上の力があった。マギーのホームランは大きな反省点だが、それは本人が一番わかっていること。次につながる悔しい1球だっただろう。
打線はチャンスが多いわりに得点にならない。いつものタイムリー欠乏症。チャンスに弱い藤井がアキレス腱になっている。森野、藤井と左を続ける意味があるのか?  しかし、上位打線は素晴らしい。1番から4番までで11安打とは、たいしたものだ。圧巻は7回2アウトランナー無しからの攻撃。谷の初ホームランはおまけにしても、大島、ゲレーロのタイムリーは凄かった。

3戦目は柳が切れのあるスライダーで、ジャイアンツ打線を7回2失点と好投。8回は岩瀬、又吉と鉄壁のリレーを完成して最後はタジマ神。マギーに投じた3球目のストレート。全く指にかかっていない、腕も振れていない。ここでヤバいと感じたが、石川が出てきて延長の期待が膨らんだ。しかし、バッテリーの消極的な攻めでサヨナラ。外のタマにヤマを張っている打者に外のスライダーとは・・・・・ 
この試合、実は敗因は他にある。初回の攻撃での無得点。あそこは初回でも、相手が山口ということを考えれば大島に送りバント。あそこは山口を助けたシーンだった。そして7回1アウト満塁で、犠牲フライが打てない藤井。当たりは良かったが前の打席も左に流しに行っている。無難に流しに行っているところがダメ。引っ張って藤井らしさが出る。わかってない気がするのだが。

3タテのお返しは出来なかったが、滑り出しとしては悪くないし、強いチームになってきた。
次の6連戦は甲子園、ZOOMでのビジター戦となる。オールスター前の山場ととらえている。何とか4勝2敗の貯金2で切り抜けてもらいたいし、今のドラゴンズなら必ずできる。

ビシエド、平田が抜けてもこの強さなら、まだまだいける。
期待しているぞ!!
ではまた、敬具

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック