今週の試合も1本が出ない息苦しい内容でした。

拝啓 小林様

ペナントレース開始後、阪神戦を除いて一巡したわけだが、試合内容は相変わらずタイムリー欠乏症が続いています。投手陣が踏ん張っている中、打線の奮起が待たれます。

神宮は初戦が雨で流れて、バルデスのスライド。本人にとっては恵みの雨だっただろう。水曜はそのバルデスがナイスピッチング!!ビシエドのビックリするようなエラーでまさかの同点。何とかリリーフで繋いで延長に持ち込んだが10回のチャンスで勝ち越し。タイムリーさえ出れば勝てることを証明した。何とか神宮初戦で勝利できた。
これでいい流れが出来たかと思ったが、2戦目は結局サヨナラ負け。ここもヤクルトの得点は全てツーアウトから。全体的には、又吉の投球内容はなかなか良かったように見えた。次が問題だが。

金曜からのジャイアンツ戦の初戦は、前日のサヨナラのお返しを見せてくれた。12回までよく耐えた。中継ぎ陣はたいした力を持っていることを改めて示した。それにしても先制の2点をあっさり吐き出してしまった大野は決して褒められない。しかし、かなりいい感じになってきたことは確かだ。
土曜の2戦目は若松がいけない。前回が良かっただけに残念な内容だった。あの展開だと2番手祖父江の内容は責めることは出来ない。とにかく打線だ。
3戦目は吉見に尽きる。完璧なコントロール。阿部の場面では慎重に攻めたが、最後にあのコースにストーレートとは・・・・・ 吉見なら木下のサインに首を振ることは容易にできたはず。あそこは塁を埋めても外のフォークだったはず。あの甘い球を阿部が逃すはずがない。
しかし、問題はそれ以降のドラゴンズの攻めだ。とにかく1本が出ない。チャンスで代打が阿部って何だってこと!! 阿部違いで大違いだ。阿部には悪いが、まだまだあそこでは荷が重い。
その後のチャンスも、4番5番が機能しない。ゲレーロが研究されている。ここが辛抱のしどころ。彼は3割以上必ず打てる。

今週は2勝できた。0勝、1勝、2勝ときたら、今週は5分ってこと。期待しよう!!
ではまた  敬具

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック